14869
home,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-14869,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-14.3,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive
新しい法律は何をしますか?

この法律は、2016年12月の統合リゾート振興法に続き、カジノリゾートの運営のためのフレームワークを作成します。これにより、統合リゾートでのカジノギャンブルが可能になります。

リゾートはどこにありますか?

2025年の万国博覧会を主催し、最初の3つのカジノライセンスのいずれかの主要候補として見られる大阪は、人工島の夢島にカジノとエンターテイメントの複合施設を建設することを提案しました。

誰がカジノを訪れますか?

インバウンド観光客の増加に多くの注意が払われていますが、ゴールドマンサックスは、日本のカジノへの訪問者の57%が地元の人々であると推定しています。 これは他の市場よりも高い比率です。

人々が言ったこと

賭け

日本政府または市町村が運営する競馬、競輪、競艇にのみ賭けが認められています。

宝くじ

市町村が発行した宝くじ券のみインターネットで販売します。

スキルゲーム

特に規制はされていませんが、過剰な賞品は、消費者庁が誤解を招く表現に基づいて禁止されている場合があります。

私たちのチーム

大工 美優
与田 静香
浅沼 朋美

ブログからの最新

  • 日本における賭け事情は一貫して変動の大きなものでした。西洋からの娯楽の習慣に対して、日本は常に抵抗を示してきました。日本の法律は、今なお非常に厳格なものです。国内で認可されている「スキル」ゲームと、違法とされている「運ベース」のゲームとの間には、ほとんど違いを見る事はできません。西洋的な賭博クラブは日本には存在しません。全てを考慮に入れると、現在国内には約2万の賭け場があり、ゲストに「賞金化できる賞品」を提供しています。

    考察

    現在日本では、クラブを合法化し国の定められたエリアでのライセンスを許可すべきであるという、これまであまり見られなかった議論が行われています。「ギャンブルクラブ法案」と呼ばれ、定められた統合リゾートエリアの導入を促進する法案が実際に議論されてきました。 この法案は、現在日本の法律によって制限されているギャンブルクラブを、地域を限定して認定しようというものです。巨大な「パチンコ」産業を許可しながらも賭けが禁止されているという事実は、外国人の間で混乱の元となることがしばしばあります。 日本のゲームや賭けに関する法律のいくつかは20世紀の初めにさかのぼり、現在の実情とは相いれないものであるため状況は不安定なものです。当初合法化された賭博として認められていたのは競馬と競輪だけでした。ここに競艇とオートレースが加えられたことで、違法とはみなされない主な4つの「賭ける事のできる競技」となりました。

    法的な背景

    刑法第185条により日本では賭博が禁止されています。合わせてこの条項には、「偶然または運によって決められる勝利または敗北の機会」に賭けが行われた場合への規制についても述べられています。 賭けに関して、現在の制定法の中で最も多くの非難を浴びているのは、刑法においてはそれぞれのゲームの勝敗が偶然または運によって決められる事を必要としていないという点です。これは基本的に、ある勝敗がこのような方法で決められているかどうかに関係なく、ゲームは賭けの分類に属するものであると見なされ国内で制限されているということです。 確かに、日本においてはギャンブルハウスを開こうとすることさえ違法とされています。 それにもかかわらず、例外的な法律の下で合法化されている4つの賭けが存在します。それが競輪、オートレース、競馬、競艇です。現在このそれぞれの競技は、政府や政府組織の影響を強く受けています。宝くじとサッカーくじも同様に、例外的に合法化されています。 前述の許可された賭けを運営する組織はすべて、許可を得る必要があります。ライセンスは最寄りの行政や政府組織から取得することが可能です。...