サンシャイン
Welcome to the Sunshine Web Site
ごあいさつ 商品案内 セッティング例
お取扱店一覧
ブログ

ごあいさつ
 

自社ブランド設立の決心。

私はマグネシウム製オーディオアクセサリーの発案者です。マグネシウムとは金属の中で最軽量にも関わらず、振動吸収性はダントツで最大で、単一素材としてはおそらくオーディオ素材としては最高の特性を持っていると思われます。ところが素材原価が非常に高価なこと、また、加工が非常に面倒で、いわばオーディオ界が事実上開発拒否の素材と言っても過言ではありません。こんなある意味人跡未踏の世界に足を踏み入れて製品化にこぎつけてしまう、エラそうに申し上げるなら、日々胃に穴が開くような困難との戦いをしてきたと思います。そのような人間というのは、とにかく、二言三言、いや、三言も四言も余計なことを言いたくなるのです。はっきり申し上げて誰よりも毒舌大魔王のわけです。しかしながらOEMでの製品は、お客様のメーカーのブランドを背負っているわけなので、たとえほめ言葉でも好き勝手なことが言えないわけです。自分の毒舌でかえってお客様のブランドイメージを壊してしまうということになってしまう恐れもあるので、貝のように殻に閉じこもっているしかないのです。それではあまりにも我慢ならないものがあり、自分は自分でブランドを作って製品を出せば好き勝手なことを言いたい放題言える=自分の思いのたけを吐き出せる・・・・ということで、自社ブランド=ABA(アビリティアコースティック)を決心したしだいです。いきなりいち法人の代表者とは思えないような常識のない言葉づかいのごあいさつから始まりましたが、このホームページは法人としてのホームページというより、一個人のホームページとご理解くださいませ。

そのようなことで、今後はOEMの製品はホームページから削除しますし、新発売のものがあっても基本的に載せません。OEMの製品は、1、お客様から依頼されたら、 2、お客様の製品があまりにもすばらしく、思わず私がホームページで宣伝したい、いずれにしてもお客様に私の文章を見てもらい、OKが出たらそれを載せる・・・それ以外はOEMの製品は一切載せないことにします。

あと、一週間に一度は言いたい放題のブログを更新いたします。せっかくHPにいらしていただいても何も変わっていないのではつまらないと思うのです。どんなおバカな文章でも、何もないよりかは・・・・・・と、思うわけです。

  1. リーズナブルにして効果絶大なこと。(また、他が使っていない素材で良いものがあればマグネシウムにこだわりません・・・・・)
  2. 絶対価格が高くなるものも作るかもしれませんが、他にはない、オーディオファンにとってワクワクするようなもの・・・・
    (安いものだけでは趣味として片手落ちだと思いますので) 

私が思う高級オーディオシステムとは、良い音で音楽が聴きたい・・・という欲求のもとに組んだシステムは価格に関係なく高級オーディオシステムだと思っております。あとはそれを生かすも殺すもその人しだい・・・私はそんな生かすほうのお手伝いをさせていただければ・・・と、思います。(中には殺すのも堂々と売られているので・・・・)

それと、まだ、マグネシウムというものをよくご存知ない、目が向かない、という方も少なくないと思います。オーディオ界に突然現れた素材と言えると思いますので、次から次へと言って見ればオカルト的なものが登場しては消え、登場しては消え、マグネシウムのその一つと見なされて当然だと思います。しかし、現在はおかげ様でマグネシウムはかなり認知され、大手のオーディオショップ様でも、それまでのリファレンスをマグネシウム製(KRYPTON−PROの小型スピーカースタンドやスピーカーベース)にチェンジされている販売店様が続出しております。これからはマグネシウムの時代になると確信します。振動吸収性の理論値はアルミの実に250倍、アルミ(ジュラルミン)とは分子構造が全く異なるので、振動吸収性のよさと高速で振動を逃がす力に長けているのがまさにマグネシウムのウリです。重いものが音が良い・・・・と、昔から良く言われますが、それはメカが一杯詰まっているとか、筐体が厚いからとか、それで重くて音が良いならわかりますが、素材は軽くて丈夫で内部損失の大きいものを充分な質量をもって作るのが音にとっては確実に有利になります。マグネシウムが製品化されているものは、F1のタイヤのホイールやセルシオなどの高級車のシートフレームはマグネシウムです。身近なところでは、デジカメとか実は携帯電話やノートパソコンはマグネシウムです。これらは歩留まり=早い話、数が出るので、マグネシウムを使っても価格が合いますが、数が出ないとされるオーディオ製品に使われることはいままでなかったわけです。でも、デジカメやノートパソコンが当たり前のようにマグネシウムで出来ているように、マグネシウムもいつかはそうなるよう、たった一度の人生これにかけても悪くはないと思ったのです・・・・

私はどういう人間かというと・・・・

オーディオの星のもとに生まれてきたというより、音楽一家に生まれた落ちこぼれで、でも音楽に対する耳だけは恐らく生まれつきだと思います。大人になってCDというものを買えるようになって、ひたすらCDを買いまくり、CDは一万枚近いコレクションがあり、自称超音楽マニアです。

いうならば、エリート一家の落ちこぼれだった私は、自分が三流大学にしか受からなかった時、父親は「そんな大学に行くくらいならすぐ働け!!行くならワシャ一切面倒は見ない!!!」 それで勘当されて自力で大学に行くようになりました。四畳半の日も当たらないオンボロアパートにはテレビもない、家具もない、冷房も暖房もない、あるのはなけなしの金をはたいて買ったオーディオシステムがド〜ンと鎮座しているという、そして、どんなに貧乏にあえいでいても、毎日毎日音楽を貪るように聴いていたという、そんな学生時代を過ごしておりました。いま、思いかえすと思わず笑っちゃいますけど、でも、音楽やオーディオに接するときは、あのときの気持ちというものをいつまでも忘れたくないと思うわけです。と、いいますのも当時極貧学生だったわけですが、そんな状況で、それでも大いに無理して、オーディオセットをバ〜ンと買って、それが自分の部屋にはじめてやってきたときの激しいまでの感動!!、そして、それが部屋にデ〜ンと鎮座することに、最高の喜び、満足感を覚えておりました。昼に学校に行って、夜はバイトして、ヘトヘトで疲れて帰って、そして、部屋で待っているのはオーディオセットのわけです。どれだけオーディオセットを眺めては思わずニヤけたことか!オーディオがあったから、本当に自分の極貧学生人生もかなり慰められたものでした。ただ、レコードとかCDとかは買うお金がないので、ひたすらFM放送をカセットテープにエアチェックして聴いておりました。そして、就職するようになってからは本当にうっぷんを晴らすようにCDを買いまくっておりました。そして、就職3年目にそれまでのオーディオセットから一気にB&Wの801をドカ〜ンと大ステップアップして買ってしまいました・・・・まあ自分で言うのも何ですけど、かなりの変わり者ですよね(笑) でも、オーディオに対する執念とでも言いましょうか、そういったものはきっとハンパじゃないと思っております。たまたまマグネシウム会社に就職して、それがオーディオ素材として最高に良い特性、しかもオーディオ界がほとんど使っていないと知ったら最後、もうあとには引けない・・・・・現代はかなりホームシアターとか大画面テレビとかが普及してきました。その次はきっと音が見直されると信じております。この、物理特性の最高の素材を広めないとあまりにもったいないと思うのです。どんなにバカと言われようが、ただの夢追い人と言われようが、人生はたった一度きりなので、バカな夢でも見ながら生きたほうが自分にとっては張り合いがあるように思うのです・・・とりあえず、アクセサリーでありますが、マグネシウム製品を本当に市場に送り出すことが出来、それはもう感無量なんてものではありませんでした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、私はどういう人間かといわれたら、やっぱり変わり者でしょうね(笑)、しかし、自分で申し上げるのも大変なんではございますが、今後、自分なりにおもしろいと思う製品をどんどん出して行きたいと思いますので、ぜひご注目のほどよろしくお願いいたします・・・・・

                                                                                                 (株)サンシャイン 進藤 繁